動物を飼ったらワクチンを接種しましょう

動物を飼ったらワクチンを!

まず、動物を飼ったら必要になるのが「ワクチン接種」です。
ワクチン接種をすることで伝染病を防ぐことができるようになりますので、ペットがワクチン接種することができるようになったらワクチンを打ってあげてください。
ワクチンを打つことで、しっかりと病気を防ぐことができるようになりますので、きちんとワクチンを売ってあげて下さい。
とくに、ワクチンは子猫のうちに接種することが大事です。
なぜなら、子猫のちは感染症にかかりやすく、その影響で病気になってしまうことが多いため。
例えば、子猫はバルボウィルスに感染するとあっという間に命を落としてしまいます。
猫のウィルスの中でもっとも怖いバルボウィルスも、ワクチンを接種することで防ぐことが可能です。
猫の命を守るためにも、ぜひともワクチン接種は徹底してみて下さい。

家猫にもワクチンは必要

また、家猫にもワクチン接種は必要になりますので、複数の猫を飼っている場合もきちんと前頭にワクチンを接種してあげてください。
これは本当に大切なことなので、ワクチン接種をすることができる年齢になったらやってあげてください。
またそれだけでなく、ワクチンを接種する前にきちんと健康管理をしてあげて下さいね。
ワクチンを摂取するには、健康体であることが必要ですのでまずは健康診断をしなければなりません。
それで健康なことが解ったら、きちんとワクチン接種をしてあげてくださいね。
大切なペットだからこそ、ワクチン接種が必要なのです。

猫は家の中で飼いましょう

最近は猫を外に放し飼いにする飼い主さんも多いです。
しかし、これは絶対にいけません。
外に出すというだけで車に轢かれる可能性が高くなりますし、またそれだけでなく「外で何らかの病気をもらってくる可能性」もあります。
中でも「猫エイズ」などは野良猫から感染することも多いので、家猫が外に出ればもしかするとこの病気をもらってきてしまうかもしれません。
猫エイズは猫同士で感染しますので、飼うとなれば他の猫と隔離して飼わなければなりませんし、健康管理にも人一倍気を使わなければならなくなります。何より、大切な猫が猫エイズという病気になってしまうショックは計り知れないでしょう。
その様なことを考えれば、ワクチン接種をしたとしても「家の外には出さないこと、必ず猫は家の中で飼う」ということが必要になります。
脱走防止の工夫をするなどして、外に出なくなるような工夫をしてみて下さい。