さまざまなペット用トイレ用品

犬のトイレ

ペット用品としてとくに欠かせないものの一つが、トイレに関するものでしょう。
犬の場合にはペットシーツ、猫の場合は猫砂を使用するのが一般的なスタイル。
犬のペット用シーツには、犬種に合わせてさまざまな大きさがあります。
また、厚みにもバリエーションがあり、お散歩の時に使える持ち帰り用のビニール袋がセットになったタイプも人気ですよ。
中には、ペットシーツを引っかいたりかじったりして破こうとするワンちゃんもいるのですが、そのような場合には頑丈な厚手のタイプを使用することをおすすめしています。
また、病気などでつねに尿の状態を観察する必要がある場合には、ベースに色がついていない、白いシートを選ぶといいですよ。

猫のトイレ

猫のトイレでは、使用した部分だけが固まって簡単に取り除けるようになった猫砂を使用することが多いですよね。
猫砂には、紙製や木製チップ、重量のある砂を使ったものなどの種類があります。
また、固まるという機能はないものの、シリカゲルを使用したものは臭いを防ぐ効果が高いと人気がありますよ。
ねこちゃんはワガママなので、気に入らない猫砂ではトイレを使おうとしないケースも多いもの。
そのため、一度使い始めた猫砂はむやみに変えないことが原則。
もし何らかの理由で猫砂の種類を変えたい場合には、それまで使っていたものの中に新しいものを混ぜ、少しずつ新たしい砂の割合を増やして徐々に慣らしていく必要があります。
また、紙製の軽い砂を嫌がる猫もおり、どの砂がおすすめなのか一概にお答えできないのが現状。

また、猫用トイレは砂を入れるためのトイレ本体にも沢山の種類があります。
一般的なものは、猫がまたげる程度の深さの四角い容器ですが、それに屋根のついたタイプや底の部分がすのこ状になっているもの、丸い形のものなど本当にバリエーション豊富です。
また、砂が飛び散らないようにボックス型になったタイプや、人間用の水洗トイレを猫も使えるようにトレーニングするものまであるんですよ。
ユニークなものでは、猫がトイレを使用した後に自動的に砂の固まった部分を取り除いてくれる「全自動トイレ」というものもあります。
いずれにしても、肝心なのは猫が使ってくれるかどうかという点。
猫は自分が気に入らないものは絶対に使ってくれませんから、せっかく高性能のトイレを購入しても、そっぽを向かれてしまえばそれまでなのです。