上級者向けペットのフクロウ

フクロウ

変わったペットも流行している近年

ペットとして飼われる動物には、犬や猫、小鳥、魚以外にもさまざまなものがいます。
なかには、少し変わった生き物を好む人たちもおり、愛好家同士で情報交換をしながら楽しんでいます。
そんな変わったペットたちのなかでも以外と人気が高いのがフクロウです。
森の中で生活する野生動物というイメージの強いフクロウ。
家で飼うことなんてできるの?法律に引っかからないの?と思われるかもしれませんが、一部の種類のフクロウは、ペットとしてちゃんと流通しています。

でもエサの用意が大変です

とはいえ、本来野生動物であるフクロウを飼うのは生やさしいことではありません。
人間になついたり、トイレを覚えたりといったことも基本的にはありませんので、家の中全体をフクロウの暮らしに合わせて変えなくてはなりません。
さらにハードルが高いのが、フクロウのエサ。
猛禽類の彼らは肉食ですから、野生のフクロウは小さな鳥やネズミなどを補食しています。
つまり家でフクロウを飼う場合にも、それと近い条件を再現してあげなくてはなりません。
一部のペットショップには、肉食のペットのためのエサが売られていますので、基本的にはそれを与えることになります。
手に入りやすいのはピンクマウスと呼ばれる皮をはいだ丸ごとのマウスや、ウズラのひな、ひよこなど。
いずれも冷凍で売られていることが多いですが、なかには生きたままえさ用として販売されるものもあります。
フクロウに与える時は自然解凍したあと、内臓を取り除いてフクロウが食べやすいサイズに切り分けます。
ネズミやひよこもペットとして飼う人がいるくらい(いや、こちらの方がペットとしてはフクロウより一般的でしょう)かわいいものですから、最初はさばくのにも結構抵抗を感じるそうです。
しかしこの作業ができないとフクロウを飼うことはできません。
冷凍庫に人間の食材と一緒にマウスが保管されることになるわけですから、家族の理解も必要ですよね。