ペットも人間と同じく熱中症の危険が!

「野生でも生きられるから大丈夫」は間違い!

ペットを飼うということは、そのペットについてさまざまな知識を持っていることが必要となります。
私が働くペットショップでも、お客さんに向けたペットについての基礎知識を学ぶための教室や勉強会などを定期的に開催して啓蒙につとめていますが、意外と基本的なことを知らないままにペットを飼い続けている人が多くいるものです。

たとえば、熱中症に対する対策について。
最近は夏になると気温が毎日のように35度をこえることが多く、人間でもかなり多くの人が熱中症で病院に運ばれることがニュースになっています。

そしてこれは、ペットであっても同じなのです。
よくある誤解としては、「ペットはもともと、野生の中で生きていたから暑さや寒さにも強いはずだ」というもの。
たしかに大昔には、イヌやネコは野生の中で生きていたかもしれません。

しかし、現在ペットとして飼育されている犬や猫は、これとはまったく別の生き物として考えた方がいいのです。
ペットというのは、人間とともに生活しやすいようにかなりの品種改良がなされており、また、人間が希望通りの毛色や大きさを出すために交配するなど、かなり人の手が入った、自然な状態からは離れたものとなっているのが、現在のペットなのです。

特に犬の熱中症には注意

また、長い間人間とともに生活していれば、そのライフスタイルも人間に近いものとなっていき、それゆえ健康問題についても人間と同様の配慮が必要となってくるのです。
つまり、イヌやネコもまた、人間と同じように熱中症に対する配慮が必要になるということです。

とくに犬の場合、屋外で飼育することもあるため、注意が必要です。
真夏の気温の高い時期だけでも、家の中に入れるなどの工夫をするか、犬小屋を日陰の風通しの良い場所に移動するなどの配慮を忘れないようにしてください。

また、室内外の場合にも、締め切った部屋でエアコンをつけない状態では、室温はかなりの高温になってしまいます。
そのため、ペットを留守番させる場合にはエアコンを弱くつけた状態にしておくことが、ペットの健康と安全のためには必要となるでしょう。

とくに短頭種と呼ばれる、シーズーやパグ、ブルドッグなどの犬は暑さによわい体の構造をしているため、他の犬以上に熱中症対策が必要となるのです。
また、年を取った犬や、逆に子犬の場合にも気を付ける必要がありますよ。